レジデンス

RESIDENCE

オーベル藤が丘:トップページ > レジデンス

外観完成予想CG

「藤が丘」の新たな象徴となる、
丘の上の格調高き邸宅を。
外観完成予想CG外観完成予想CG

丘の上に建つレジデンスの華やかで美しい姿を『風光明媚』と捉え外観をデザインしました。既存の擁壁を活かし、通りから奥まった位置にスケール感溢れる、吹き抜けエントランスを配置。建物の基壇部には欧州の古城の風合いを感じさせる積層石と『城壁』をイメージしたボーダータイルを組み合わせ壁面を構成し、住まう方を迎える金属製のエントランスゲートを設え、重厚感あるアプローチを演出しました。
外壁はフレームと壁面をボーダータイルで組み合わせ、ボリュームを構成することでモダンな印象を持たせ丘上に佇む気品あるレジデンスに相応しい、プレステージ性を感じて頂けるように考えました。

由田 力 Tsutomu Yoshida

外観マテリアル外観マテリアル

外観完成予想CG外観完成予想CG

丘の地形を活かしたランドプランにより
プライベートを護る、集個の設計。

丘陵地の高低差を活かした、敷地外周部のセキュリティに加え、着床制限機能付きセキュリティエレベーターなどの採用により、私邸として安心感が得られる“ゲーテッド・レジデンス”を目指しました。
また、エントランスを地下2階、駐車場入口を2階に設定することで、歩行者と自転車の快適なアプローチを確保した、歩車分離動線を実現しています。
この土地が持つ資質をシンプルに建物設計に反映することで、安心・安全かつ、機能的な集合住宅に仕上げました。

築田 和幸 Kazuyuki Tsukuda

各階イメージイラスト(アイソメトリック)

各階イメージイラスト(アイソメトリック)

※掲載の外観完成予想CGは、設計段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なる場合がございます。雨樋・エアコン室外機・照明等の一部表現されていない設備機器がございます。植栽は特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではございません。周辺建物、電柱等は一部簡略化して表現しています。
※掲載の外観マテリアル写真の色合い等は、実際とは多少異なります。また、採用素材は施工上の都合により変更になる場合があります。
※掲載のイメージイラストは、図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。