お客様から寄せられたお問い合わせの中からよくあるご質問について回答いたします。

玄関

 

鍵の抜き差しや回転の具合が悪い

 

鍵の抜き差しがスムーズでない時は、鍵穴のゴミを吐き出し鍵の汚れを取り除いた後、鍵の全ての切り込み部を鉛筆でなぞるように黒く塗り、その鍵を鍵穴に挿入して数回抜き差しをしてください。または、錠前専用の潤滑油を使用してください。吹付けすぎるとかえって動作が悪くなる場合があります。注意点として合成潤滑油(CRC、シリコンスプレー等)は絶対に使用しないでください。埃が付着し、動きが悪くなります。詳しくはメーカー取扱説明書をご確認ください。

 

玄関床の清掃について

 

日頃のお手入れはやわらかいダスターモップやほうき等でほこりを取る等して清掃してください。薬品が使用されているモップは、その薬品により変色の原因となりますので使用しないでください。水拭きをする場合は、固く絞った雑巾で行ってください。水分を吸収するとしみや変色の原因となります。詳しくは入居時にお渡しする取扱説明書ダイジェストをご確認ください。

居室

 

フローリングを長持ちさせるためには

 

イスの脚や家具が床と接する面に、フェルトややわらかいゴムキャップなどをつけると、床へのキズを防止できる上、防音にも効果があります。なお、キャスターつきの家具やイスを使用されると、床の表面が破損したりへこみキズのつくことがありますので、十分ご注意ください。重量物(冷蔵庫やピアノなど)を置く場合、荷重を分散させるために保護板などを置いてください。また、水分がフローリングに浸透すると、反り・ひび割れの原因となりますので、速やかにふき取ってください。

 

フローリングのワックスがけのポイント

 

フローリングは、ワックスがけを半年に一回程度行うと、艶が長持ちします。ただし、フローリングによってはワックスがけが不要なもの(シートフローリング等)もございますし、ワックスのタイプによっては使用不可能なものもございますので、メーカー取扱説明書をご確認ください。

 

床暖房設備の注意

 

床暖房に長時間接していると低温やけどを起こすことがありますので、ご注意ください。また、カーペット類を上に敷くと床暖房の放熱を妨げたり、フローリング材などの仕上げ材を損傷するおそれがありますのであわせてお気をつけください。なお、床に釘などを打ち込むことは避けていただくようお願いいたします。

 

リビング、各居室ドアの開閉時の注意 

 

開閉時にダウンライトの下でドアを止めておくと、発熱によりドアをいためる場合もございますのでご注意ください。また、窓が開いているときに玄関扉を開けると、住戸内の空気が一気に引っ張られることがあります。あおり止めのある扉は必ずあおり止めを掛けてご使用ください。あおり止めを設定していない扉は開放に注意してください。

 

網戸の取り外しについて

 

タイプによって外し方が異なりますが、通常上部にあるはずれ止めのねじを緩め、はずれ止めを下げると取り外すことができます。ただし、プリーツタイプの網戸は取り外しできません。また、網戸の設置場所によっては、取り外す際に落下してしまうなど危険な場合もございますので、その場合は取り外さずにふき掃除をしていただくことをおすすめいたします。詳しくはメーカー取扱説明書をご確認ください。

 

網戸のお手入れ

 

網戸の両側から水を含ませた柔らかい布やスポンジなどで、軽くはさむようにして汚れを落としてください。詳しくはメーカー取扱い説明書をご確認ください。

 

給気口のお手入れ

 

日常のお手入れは、柔らかい布で軽く拭いてください。なお、フィルターは定期的に水洗いによる清掃・点検をしてください。また、定期的な交換も行ってください。詳しくはメーカー取扱説明書をご確認ください。

 

アルミサッシのお手入れ

 

普通の汚れは、水で濡らして雑巾で拭いてください。汚れのひどい場合には、中性洗剤を含ませた雑巾で汚れを落として十分に水洗いを行い、乾いた布で水分を拭き取ってください。詳しくはメーカー取扱説明書をご確認ください。

 

ディスポーザの取り扱い注意点

 

強い繊維質のもの、貝殻類、肉や魚の骨、多量の生米、その他食品以外のもの等を投入すると排水が詰まる可能性があります。異物を噛みこんでいる場合は電源プラグをコンセントから抜き、トング・菜箸等で取り出してください。詳しくメーカー取扱説明書をご確認ください。

 

浄水器のカートリッジのセット・交換

 

浄水器はご入居時カートリッジに接続されていません。メーカー取扱説明書をご確認いただき、接続をお願いいたします。また、浄水器カートリッジは消耗品です。メーカー取扱説明書記載のカートリッジ交換時期を目安に交換していただくようお願いいたします。

 

レンジフードの換気扇使用時の注意

 

マンションは気密性、遮音性に配慮した建物となっております。レンジフードを作動させた場合、室内の空気が急激に排気されます。そのため、サッシから風切り音が発生する場合や玄関ドア・サッシが開閉しづらくなる場合があります。特に「強」で作動させた場合、玄関ドア・サッシを開けるのに強い力が必要となることがあります。対処方法として各部屋の給気口を開く、またはレンジフードの作動を「中」としてください。詳しくは入居時にお渡しする取扱説明書ダイジェストをご確認ください。

浴槽・ユニットバス

 

排水口のヘアキャッチャーの清掃

 

排水口内にものがつまると排水能力が低下し、床面に水があふれたり、漏水の原因になります。ヘアキャッチャーなどは定期的に清掃をして髪の毛やゴミを取り除き、汚れを歯ブラシなどで落としてください。また、トラップ内の封水は臭気や虫の侵入を防ぐものですので、必ず水を溜めておくようお願いいたします。特に長期間不在にした場合など、封水が蒸発して悪臭が逆流しますので、この場合には排水口に水を流してください。

洗面所

 

24時間換気システムの仕組み

 

24時間換気システムにより常時換気をすることで住宅全体で緩やかな空気の流れを作り、汚れた空気や湿気を排出して快適な住環境を作り出します。また、各居室の給気口から外気を取り込んでいますので、給気口は開けたままにしておいてください。なお、給気口を閉めると玄関ドアやサッシが開けにくくなることがあります。

 

洗濯機用排水トラップのお手入れ

 

洗濯機パンには排水トラップがあり、ぬめり・汚れなどでにおうことがありますので、定期的に清掃をしてください。また、長期不在によりトラップから水が蒸発した場合は、コップ2~3杯ほどの水を流してください。それでも臭うようであれば、管理会社にご連絡ください。

トイレ

 

タンク内へ芳香剤を入れる場合

 

メーカー、機種によってはタンク内に入れると水量が減少し、便器や排水管の詰りなどが発生する恐れがありますので、詳しくはメーカー取扱説明書をご確認ください。

 

トイレの水が止まらなくなった時は

 

配管まわりの水漏れや、水が止まらないなど、緊急の場合は止水栓または水道の元栓を閉めてください。
また、タンク内止水位置の調整方法や、排水弁の取替えなどについては、メーカー取扱説明書をご確認ください。

 

トイレの詰まり

 

一度に大量の汚物やトイレットペーパーを流したり、タンク内が満水になる前に流すと洗浄不良や詰りの原因となります。詳しくはメーカー取扱い説明書をご確認ください。詰まった場合は市販の吸引器をご使用ください。

バルコニー

 

清掃と雨水排水ドレンのゴミ取り除き

 

バルコニーは基本的には防水を施していませんので、下階へ水が落ちる原因になります。水を大量に流して掃除するのはお止めください。また、排水ドレンは定期的にゴミを取り除くようお願いいたします。